堀先生の思い出

f:id:dragon-tiger17:20220815051013j:image

堀文子「トスカーナの花野」

先ごろNHKテレビで日本画家 堀文子のアーカイブされていて観ました。

懐かしかったです。

それは昔の思い出です。

わたしの通っていた日本画の学校には、幽霊部員ならぬ幽霊先生が居た。

堀文子と言う先生だ。

学校の教授案内には、堀文子、加山又造、上野泰郎、松尾敏夫と、あるが堀先生は誰も見たことがない。

居るのか居ないのか?幽霊先生だ。

わたしの入学した年のクラスの主任は加山又造でしたが、正確にいうと堀文子クラスでした。

お陰様で、一年生の時は先生が定まらず、唯一、堀先生の内弟子みたいだった指導主任の市川保道先生がとても良くしてくれて、

加山先生やいろんな先生が見守ってくれる様になっていました。

まぁ、わたしとしては加山先生に習えるが幸運でしたので、同級生のみんなも堀先生の事はすっかり忘れていました。

ところが四年目の春の講評会に突然、堀先生が来たのです。

白髪を紫色に染めて、紫の度付きサングラス、ラメの刺繍の入ったスーツ姿。

周りの空気を一般させる様な艶やかな何処かの国の姫様の様な麗人が颯爽と学校に来たのです。

こんな人が先生だったらみんな下僕の様に平伏したに違いないと思いました。

この時に、女絵描きの方が偉いんだと、思ったのです。

横に居た薄汚れた渋いスーツ姿の加山先生が、溺れた河童の様にしか見えないでした。

カッパ、カッパ⁉︎、見なかった事にしよう。尊敬する師匠。

さて、講評会は、

わたしは、大学院には行く気が無かったのでその春休みの作品は、在学中に加山先生に技法的な事を色々聴こうと思って、

深紅のコチニールの背景に金銀の野毛や截金、切石や砂子をふんだんに波の様に散らした背景に裸婦の絵を描きました。

とにかく日本一の金箔使いの作家である加山又造のアドバイが如何しても拝聴したかったからです。

ところが、堀先生の特別講評会みたいになって、思惑が外れてしまったのです。

堀文子先生が来るのであれば他の絵を描いたのに!

 

いやはや、裸婦の手の指の表情について堀先生は色々教えてくれましたが、

「あなた、後で酒宴に出ますよね(笑)。その時お話ししましょう。」と、突然わたしの講評が終わりました。

(//∇//)。

困った、今日は、この後、インド哲学ゼミだし、その上、わたしはお酒が苦手。

堀先生は大変な酒豪だと聞いていたし。

あの酒飲みたそうな目、絶対潰される\(//∇//)\。

今年は多分、もう一回、卒業制作の時にも来てくれそうだし、今回は失礼しよう。

 

でも、それっきり堀先生は幽霊の如く二度と学校に現れなかった。

しかし、あの颯爽とした先生の姿とまなこは忘れられなかったです。

今でも良い思い出です。

もう日記帳です

f:id:dragon-tiger17:20220809215040j:imagef:id:dragon-tiger17:20220809215058j:image

鮎、食べたいなぁ、と、思ったら六月辺りに若鮎食べたはずですが、八月にはもう食べたのを忘れてしまってました。

さて、最近忙しいと思ったら不定期を含めると七つ以上の日本画のお稽古を掛け持ちしています。アレコレ断れないお仕事を引き受けているとこうなりますね。もう、お稽古の進捗具合を日記帳代わりにホームページアップしないと明日は何処で何をするのか分からなくなっています。

月曜日は、「まほら」のお稽古日。

f:id:dragon-tiger17:20220809215956j:image

天然絵の具で基礎技法をマスターしてもらってます。コチニール(洋紅)が鮮やか!綺麗ですね。

f:id:dragon-tiger17:20220809220032j:image

個性も鮮やかな極端なほどにピュアな色合いです。

 

 

お稽古、初心者クラス

f:id:dragon-tiger17:20220807054410j:image

最近忙しいなぁ、と思って数えてみると不定期も合わせると七つのお教室を掛け持ちしてます。

先日は大阪の本町のお稽古日。

昨年に奈良の古梅園体験ツワーでゲットした金巻き紅花墨。
f:id:dragon-tiger17:20220807054413j:image
f:id:dragon-tiger17:20220807054407j:image

実際に使ってみると、大変いい。使って見ないと分からないですね。おススメの逸品ですが、限定生産の為、もうお店には無いのです。
f:id:dragon-tiger17:20220807054419j:image
f:id:dragon-tiger17:20220807054422j:image

大阪のお稽古場の近くに花の卸屋さんがあり何時も合間に買って教室に飾ります。
f:id:dragon-tiger17:20220807054416j:image
f:id:dragon-tiger17:20220807054404j:image

帰りに寄り道すると美味しそうな寿司屋さんがありました。こんど花月先生と食べにこよう!

 

舞妓はん上七軒ビアガーデン

f:id:dragon-tiger17:20220730175300j:image

京都の金閣寺方面、北野神社⛩の東の門前に京都一番に古い「上七軒」という花街があります。夏の風物詩、ビアガーデンに行って来ました。

f:id:dragon-tiger17:20220730175355j:imagef:id:dragon-tiger17:20220730175413j:imagef:id:dragon-tiger17:20220730175517j:image

馴染みの置屋さんの舞妓さんではなかったですが、ちょうど良い感じの子どもぽさが残る華のある舞妓さんでした。

ビアガーデンでは、当番の舞妓さん芸妓さんは皆さん浴衣姿で白粉もしない素顔の舞妓さんが見れるのも楽しみの一つです。

久しぶりに、ちょと描きたくなった舞妓さんでした。

日本画のジャンルの中で美人画という伝統的なジャンルがありますが、その中でも「舞妓」は、最上級に難しいジャンルです。

描くにはいくつもの高いハードルを越えなくてはなりませぬ。

まず、人物画が描けること、良い置屋さんに出会えること、舞妓さんに通うこと、舞妓を描ける良い師匠に出会えることなど。

皆さまは、素人と言う強みがありますので、その様な奇跡的なハードルは、必要ありませんが、プロフェッショナルを名乗って発表するとなると、花街に通う方々は玄人が多く自然と目線は厳しくなるのです😃

やんわりはんなり、柔らかく描ける様になりたいですね。

 

 

 

日本画のお稽古

全ての皆様の作品のお写真が撮りきれなかったのですいません。今日も皆様の作品を拝見出来て幸せでした。

f:id:dragon-tiger17:20220721183549j:image

群青色が爽やかに発色していて目に潤いを感じますね(^^)

 

f:id:dragon-tiger17:20220721183838j:image

原本の作品よりスマートで表情も優しく感じて素敵だと思いました。

 

f:id:dragon-tiger17:20220721184110j:image

模写作品ですが素直な写生を感じる秀作ですね。

 

f:id:dragon-tiger17:20220721184316j:image

丁寧な仕事が作品の精度を上げて同時に本物の香りを感じます。

 

f:id:dragon-tiger17:20220721184602j:image

まだ途中ですが、美しいですね。日本画の色は神秘的です。黒をしっかりと変化を付けながら塗りこめたいですね。

 

f:id:dragon-tiger17:20220721184930j:image

今日も皆さまお疲れ様でした。

帰りは、腹ペコになりましたのでシーフードクリームライスを頼みました。食べ切れるかな⁉︎

 

蓮の香りがしていました

f:id:dragon-tiger17:20220719200542j:image
f:id:dragon-tiger17:20220719200535j:image
f:id:dragon-tiger17:20220719200545j:image
f:id:dragon-tiger17:20220719200538j:image
f:id:dragon-tiger17:20220719200529j:image
f:id:dragon-tiger17:20220719200553j:image
f:id:dragon-tiger17:20220719200549j:image

今年は、絵を描く仲間と早朝から蓮畑の写生会に行きました。

私は、毎年素晴らしいこの場所に一人で行くのが勿体無いと思いましたので送迎役という訳でパリと芦屋からのお客様とご一緒致しました。

皆さま、私よりも熱心に蓮の写生を何枚も楽しんで頂けました。

ありがたいと思いました。

帰りは、近くの亀石を観光して帰りました。

これも毎日のご挨拶です。

今年も来れて良かった〜(^^)

日本画のお稽古は、季節の花を追い、鳥や動物達に親しみ人生を豊かな気持ちにしてくれます。ありがたいです。